【第2話】やりたいことを全部やって、人生を楽しみ尽くす!

この記事は4分で読めます

こんにちは。丸地あいです。
私のブログを見にきてくれて、ありがとう。

 

前回の記事では、私がはまっちゃった底無し沼について話したよね。

 

覚えてくれてる?もし、底無し沼って何のこと?と思った人は、第一話を先に見てね。

 

 

運命の出会いは、突然訪れる

出会い

今日はね、親友のさくらから誘われて行ってきたマルチライフプロジェクトのセミナーについて書こうと思ってるよ。

 

マルチライフプロジェクトのセミナーって何?って思った、そこのあなた。私とおんなじ反応!私もね、頭の中がはてなマークいっぱいで会場に向かった。そしたらね…

 

巡り合っちゃったよ、運命の人に!念の為に言っておくけど、新しい彼氏じゃないよ。運命の人の名前は、

 


伊豆はるかさん。

 

フルタイム精神科医で3人のお子さんのママ。3人も小さな子供育てながら、フルタイムでお医者さんやってる人に会ったことある?

 

私はなかった。初めて会ったよ。私の脳味噌をかき回して、それ一回取り出して、また入れ直しちゃった人に!

 

ワクワクが止まらない

マルチライフセミナー

その日はあいにくの雨。雨の日は基本、仕事以外の外出はしない主義の私。出掛ける直前まで、行くか行かないか迷ってたけど、さくらからのメールで行くしかなくなった。

 

「雨だからって、ドタキャンしたら許さないよ。」さくらって、私のことよく分かってるでしょ。

 

セミナー開始5分前に到着した私を、入り口で待ってたさくらが睨んできた。「私がメールしなかったら、来ないつもりだったでしょ?」

 

内心冷や汗かきながら、誤魔化したよ。「そんな訳ないじゃん!私がさくらとの約束破ったことある?バカなこと言ってないで早く入ろ!」

 

ってな具合で、さくらが何で私を伊豆はるかさんのセミナーに誘ったのか聞く余裕もなく、いざ会場へ。

 

会場の席はふたつしか空いてなくて、他の参加者の人達はもう着席してた。圧倒的に女性が多かったけど、何人か男性の姿も見えた。

 

年齢は幅広そうだったな。20代から50代くらいまで。芸術家や自由業っぽい人もいれば、バリキャリっぽい人も。私はワークホリック代表で、さくらは専業主婦代表ってところかな。つまり、色んな人がいた。

 

皆んなに共通していたのは、セミナーに対する期待感っていうのかな、映画やお芝居の始まる前の雰囲気に似てたかも。そんな皆んなのワクワク感が私にも伝わって、ガタ落ちだった自分のテンションが上がっていくのが分かったよ。

 

そして、いよいよ始まった。

 

やりたいことを全部やって、人生を楽しみ尽くす

精神科医っていうからには、キリリと眼鏡をかけて難しい顔で話す人なのかなって、始まる前まで勝手に思ってたけど、その予想は完全に裏切られた。

 

はるかさんは満面の笑みで、心から楽しそうに話し始めた。しかも、ユーモアたっぷりに。自己紹介だけで、私達参加者が何回笑ったと思う?数えきれないくらい!

 

その時は気付かなかったんだけど、後でさくらから「あいが思い切り笑ってる姿、久しぶりに見た。」って言われちゃった。確かに思い切り笑ってたな、私。

 

そして、自己紹介の後ではるかさんが言った言葉、たぶん一生忘れないと思う。

 

この時、私の中ではるかさんと私以外の人間が消えちゃった。隣に座ってるはずのさくらでさえ、いなくなった。だってそうでしょ。私はずっと、やりたいことを諦めなくちゃいけないのが、大人になることだって思ってきた。

 

それなのに、「それ、間違っています。」って、一刀両断してきたんだよ。しかも、「やりたいことを全部やっていいんです。やった方がいいんです。」って、断言までしてきた。

 

もう、私の脳味噌はぐっちゃぐちゃ。だから、思わず立ち上がって聞いちゃった。

 

たぶん泣きそうな顔で突っ立ってた私を真っ直ぐに見て、はるかさんがこう答えてくれた。

マルチライフとの出会い

ね、分かったでしょ。私が運命の出会いをしたってこと。脳味噌をかき回されて、一回取り出されて、また入れられたってこと。

 

=======================
やりたいことを諦めなくちゃいけないのが、大人になるってことじゃなかった。
やりたいことを全部やって、人生を楽しみ尽くす。
これが、自分の人生を生きるってことなんだ。
=======================

 

私の足元の底無し沼は消えて、大地になってた。私がもっと早くはるかさんに、マルチライフの考え方に出会っていたら、彼との運命も違うものになっていたのかな。

 

そんな風に、未練タラタラの私もまだいるけど…今までの私がいたからこそ、はるかさんとの運命の出会いが訪れたんだとも思う。

 

マルチライフ宣言

マルチライフ宣言

みんなに宣言しちゃうね。私、丸地あいは、マルチライファーになります!あっ、マルチライファーっていうのは、マルチライフを実践していく人のことね。

 

やりたいことを全部やって、人生を楽しみ尽くします!あきらめぐせの染み付いた、今までの私、バイバイ!!

 

これから、マルチライフについて、もっともっと勉強していくつもり。その為に、まずは無料のメルマガ【マルチライフ通信】に登録したよ。

 

どんなレッスンを受けられるのか、今から楽しみ!そうだ、私みたいに運命の出会いをしてみたい、脳味噌かき回されてリセットしてみたい、って思った人の為にメルマガ登録のURL貼っておくね。

→https://peraichi.com/landing_pages/view/multilifemail

 

私、もうどうしていいか分かんない!

メール

あっ、誰かからメールが来たみたい。この時間ってことは、またさくらかな。どれどれ、やっぱりさくらだ。

 

「あい、助けて。私、もうどうしていいか分かんない。」

 

今回は、たった一行で終わってた。ちょっと待って!いったい、どういうこと?

 


さくらに何が起きたの?

 

〜マルチライフと出会い、何とか底無し沼から這い上がることが出来たあい。そんなあいの元に届いた親友さくらからのSOS。いったいさくらの身に何が起きたのか。次回の記事では、さくらが抱える悩みが明らかになります。果たして、あいは親友のピンチを救うことが出来るのか!〜

 

★ 丸地家のマルチライフストーリーについて ★
主人公の丸地あいとその家族が、人生に起こる様々な出来事にマルチライフ的方法論で立ち向かっていく物語です。

あいやその家族は特別な存在ではなく、きっとあなたのまわりにいる人や、あなた自身と重なる存在ではないでしょか。

一緒に丸地家のマルチライフストーリーを見守って頂けたら嬉しいです。

★マルチライフに興味を持った!もっと知りたい!という方は、こちらからメルマガ登録をお願いします★
>>無料公式メルマガ

 

マルチライファー’s CLUB 0期 スイーツと短歌をこよなく愛する、ことばのパティシエ☆ YUKO でした

​精神科医。三児(0歳、2歳、4歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医としてフルタイムで病院勤務しながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。

HARUKAの無料メルマガ
【マルチライフ通信】はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼ 無料動画レッスンを受け取る ▼▼

 
尚、30分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに入っている可能性がございますので、ご確認下さい。迷惑メールフォルダに入らない方法はこちらから → http://46mail.net/

無料動画レッスン体験者の声

 

HRUKAへメッセージを送る