迷った時は鳥になろう

この記事は3分で読めます

焦り・不安・妬み・迷い・後悔

誰でも時々迷う事がありますよね。私もそうです。今やってる事って意味あるのかな?あの人はなんでも上手くいってて羨ましいな。もっと手っ取り早く成功する方法ないんかな?

 

誰かの成功を妬ましく感じたり、ゆっくりしか前に進んでいない自分に幻滅したり。「あーっ!モヤモヤするーっ!」て時ですね。

 

鳥になれ!

そんな時、私は鳥になります。空高く飛んだら、地上には迷路が見えます。迷路の出口手前で立ち止まって、眉間にシワを寄せて仏頂面しているのが私です。

 

すぐそこに出口があるのに私は全く気づかず、迷路を先に脱出した友達の姿を壁にあるモニターで凝視しています。友達は、途中どんな罠や仕掛けがあって、どんなテクニックでそこを通過して、どんなに他の参加者に助けられてラッキーだったかを語っています。

 

ネガティブアンテナ立っちゃってるよ

私の頭にはアンテナが立っています。「ネガティヴアンテナ」です。いつもなら1〜2本しか立っていないアンテナが、今は5〜6本は立っています。

 

ちなみに、うつの患者さんはネガティヴアンテナが軽く30本は立っているイメージです。ありとあらゆる事象を拾い上げ、ネガティヴ変換して受け取って行きます。感度めちゃめちゃ良好って感じですね。

 

相手が電話に出ないと、嫌われたんではないか?家族が部屋を片付けると、追い出されるのではないか。何か悪いことが起きると、全部自分のせい。と言う具合です。私はうつの患者さんには、何度も何度も「またアンテナ立ってるよ」とお伝えするのです。

 

話は戻ります。ネガティヴアンテナがいつもより多く立っちゃってる私は、こんな事を悶々と考えています。

 

あそこで右に曲がったのが間違いだったかもしれない。あの時、あの人の言う事を聞いて逆戻りしたのが悪かったのか?今からでも友達が話しているテクニックを使ってみようか。あー、なんで私の事は誰も助けてくれないのだろう。眉間に寄ったシワはさらに深くなり、私はフラフラと歩き出しました。出口とは逆の方向に。

失敗にありがとう

めさきにとらわれるとさまよい

ふかんすると出口がわかる

迷路も上から見ると簡単ですねー笑笑

 

ある人が、私に言ってくれた言葉です。この言葉を手に入れてから、迷った時の対処法の1つとして「鳥になる」事にしています。客観的に自分を見つめるためです。

 

結局、迷路からの正しい抜け道は一つしかないのです。鳥になって上から見ている私から、さまよう自分に言えることは、「地道に努力するしかない」ということです。

 

近道しようとしても無理だよ。1つずつ選択肢を確かめていくしかないんよ。

早く脱出できる人は、人より早く行動して、人より多くの失敗を積み重ねているんだよ。

他人を羨んでも意味ないよ。そもそも正しい出口は人それぞれ違うんだから。

 

焦り、不安、妬み、迷い、後悔、憂鬱、無気力、あきらめ。その渦の中にいる時、あなたには目先のことしか見えていないはずです。鳥になって、ちっぽけな事でくよくよしている自分を見つめて下さい。

 

「考えている暇があったら、前に進めよ〜」と言いたくなりませんか?「疲れて歩けないなら、寝たら?」とか。「ありゃりゃ、ネガティブアンテナ立ちすぎ。自力じゃ無理だから誰かのヘルプ必要」と、気づくかも知れません。

行動して失敗するしか道はない

人は、大小あれど才能を発揮することがあります。それが何なのか、どうしたら開花するのか、簡単にわかれば苦労しません。人よりたくさん行動して、経験して、失敗した人にしか、自分の本質を見極めることは出来ないんです。

 

色々試すから、自分が得意なことがわかります。試しているうちに磨かれます。そのうち、「これをやって下さい」と自然とあなたの周りに人が集まります。行動と失敗なくして、前進はありえません。ビックリするほど地道です。

 

私のおばあちゃんは言いました。

失敗したら、手を合わせて感謝しなさい。

 

そうです。あなたを成長させる最大最強のきっかけは失敗です。失敗は、お金や時間をかける価値があります。だから、失敗しても後悔しなくていいんです。

 

マルチライフのすすめ

マルチライフはここでも実力発揮します。私は、見切り発車と同時進行を合言葉に、興味があることは何でもやってみることにしています。その分、失敗はめっちゃくちゃ多いです。多いけれども、その失敗のたびに成長しているとしたら、すごくないですか?どんだけ自分磨いてんねん!てことなんです。

 

面白いほど壁にぶち当たりまくってますが、たまに壁に穴があいて近道できたり、思わぬ出会いに恵まれたり、果敢な挑戦を人に褒められたりしますよ。おすすめです。

 

というわけで、「迷ったら鳥になる」試してみて下さい。自分が、どんだけ仏頂面してネガティブアンテナ立てて、無駄な時間を悶々と過ごしているかが、面白いほどわかります。

 

 

 

 

​精神科医。三児(0歳、2歳、4歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医としてフルタイムで病院勤務しながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。

HARUKAの無料メルマガ
【マルチライフ通信】はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

▼▼ 無料動画レッスンを受け取る ▼▼

 
尚、30分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに入っている可能性がございますので、ご確認下さい。迷惑メールフォルダに入らない方法はこちらから → http://46mail.net/

無料動画レッスン体験者の声

 

HRUKAへメッセージを送る