やりたいことを全部やれる人と諦めている人の徹底的な違い

この記事は3分で読めます

本当に時間を大切にするということ

 

「どうやって時間をやりくりしてるんですか?」

 

私がよく聞かれることです。幼い3人の子がいて、仕事をして、仕事以外の活動をガッツリして、習い事も運動も温泉も旅行も全部やります。友だちとのお喋りやお出かけは最優先します。

 

子育て中のママパパにとって、家族のケアを最優先して毎日をこなしていたら、自分の時間なんて取れません、というのが本音です。物理的にどうやって自分の時間を捻出しているのか、どう考えてもわからないというわけです。

 

もちろん、同じ時間でやれることを増やすために、時間の質を上げる努力はしています。(参照:同じことを長時間続けるべきでない3つの理由)集中力とタスク処理のスピード感が落ちないように、意識して過ごしています。でもそれだけでは説明できない徹底的な差があるのです。

 

やりたいことを全部やれている人と、時間が足りないから諦めている人の徹底的な違い。それは、どれだけ時間を大切にしているかという点です。

 

「時は金なり」は嘘

「時は金なり」ということわざがありますね。時間はお金と同様に貴重なものなんだよ。有意義に使おうね、という意味です。全くもって、全否定したいと思います。時間はお金と全く別次元で貴重なものです。比べようがありません。

 

お金は無くては困りますが、出ていってもまた戻ってきます。むしろ、正しく使えば何倍にもなって戻ってきます。お金は世の中を循環しているだけであり、自分の手元を離れたからと言って消えてなくなるわけではありません。0になっても死なないし、また1から増やすことができます。

 

しかし、時間はどうでしょう?50歳の人が20歳に戻れますか?今日一日無駄に過ごした分、また一からやり直せますか?絶対に無理です。時間だけは、何をどう頑張っても戻すことが出来ません

 

金持ちも貧乏人も若者も年寄りも、今も昔も与えられた時間はみな平等、多少の寿命の違いはあれど、過ぎた時間を取り戻すことは誰にも出来ないのです。

 

「時は金なり」ではありません。「時は命」です。無駄に時間を過ごすことは、無駄に命を削っていることと同じです。

 

仮に、タイムマシンや不老の薬が開発されたとしましょう。時間の価値を誰よりも分かっている成功者は、持てる資産全てをつぎ込んでも手に入れたいと思うでしょう。

 

そこで、最初の質問に戻ります。

あなたは、自分でなくても出来ることを、一日の中でどれ程やっていますか?

 

掃除・洗濯・料理をやって夢を諦めるのですか

 

例えば家事でいうと掃除、洗濯、料理。これ、あなたじゃなきゃ出来ないことですか?他の人が知らない特別な技を使って、誰よりもキレイに仕上げているとか?あなた以外の人がやったら、家族から文句が出るとか?

 

家事が大好き!大得意!という人がどれだけいるでしょう。多くの人は、やらなきゃいけないから仕方なくやっていると思います。

 

仕方なく家事を頑張って得られるものは、あなたにとってどれだけの価値がありますか?家事で得られる価値は、自分のやりたいことを諦める程のものですか?

 

みんなが得意なこと・好きなことをやるのが一番効率的

家事をママやパパがやらなければならない理由は一つもないと思います。

 

今や、手で洗うよりキレイになる食洗機や、雨の日でもフワフワに仕上げてくれる洗濯乾燥機があります。機械化出来ることは全部機械化する。機械化出来ないことは家事が好きな人、得意な人、プロにまかせる。それだけで随分、自分の時間を増やすことができます。

 

家事は一つの例でしかありません。

あっという間におばあちゃんになっちゃうよ

人生は長いようで短いです。一度きりの人生で、自分の為したいことを考えて書き出してみて下さい。今のアナタの時間の使い方のままで、確実にそこに到達できますか?

 

1日、1時間を大切に、出来る限り自分にしか出来ないことにだけ集中して、やっと到達出来るくらいではありませんか?

 

「今はしょうがない」あなたがそんなことを言っている間に、自分のために時間を使い、確実に前進している人たちがたくさんいます。その人達は、自分でなくても出来ることは極力ほかに任せて、自分にしか出来ないことをやる時間を絞り出しています。

 

やりたいことをやるためには、やらなくても良いことをやめなければなりません。当然のことのようですが、多くの人がほとんど意識できていません。「しょうがない」「今だけ」とつぶやきながら、自分の時間を無駄に過ごしています。

 

マルチライフ的に「時は命」なり

 

時間は命です。毎日の生活を振り返り、それが本当に自分にとって価値のある時間の使い方なのかを、もう一度見つめ直して下さい。

 

そして、自分じゃなくても出来ることをしているなら、そこが時間を生み出すチャンスです。機械化なり外注なりして、自分にしか出来ないことの時間を確保して下さい。

 

自分を磨いてステップアップさえすれば、先行投資したお金は何倍にもなって帰ってきます。まさに正しいお金の使い方ですね。

 

マルチライフの基本のキ、「時は命」「自分じゃなくても出来ることはやらない」を覚えておいて下さい。意識している人としていない人の差は、あっという間に開いていきます。

 

 

​精神科専攻医。三児(0歳、2歳、4歳)の母。 マルチライフプロジェクト代表。 大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医としてフルタイムで病院勤務しながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。
 

やりたい事が全部やれる★

ココロもカラダも楽になる★

そんなライフスタイルに入れる!!   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。