BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 子育てのヒント
  4. 不登校は悪いことなのか?学校に行かないと問題は起こる?

不登校は悪いことなのか?学校に行かないと問題は起こる?

 

こんにちは。

やりたいことを全部やって、人生を楽しみ尽くす精神科医&3児ママの伊豆はるかです。

本日は【不登校】について、私の考えを綴りたいと思います。

不登校は悪いことなのか?学校に行かないと問題は起こる?

私は日頃から不登校のお子さんについて、たくさん相談を受けています。

  • なんとか学校に行かせたい。
  • このままじゃ将来どうなるか不安。
  • 友達を作って欲しい。
  • 勉強で遅れてほしくない。
  • 子どもが朝起きない。
  • 病気なんじゃないか。
  • 病院につれていくべきか。 etc…

みんな最初は、なんとか子どもに〇〇させたいといいます。

どうしたら学校に行かせられるか?
どうしたら勉強するようになるか?
どうしたら朝起きるようになるか?

でも、親が〇〇させたいという意図が子どもに伝われば伝わるほど

子どもは〇〇したくなくなるどころか、学校だけじゃなく家まで居心地の悪い場所になってしまいます。

家とはあくまで、子どもにとっての安全基地であるべき場所なのにです。

そもそも、学校に行っていないことって、そんなに悪いことなのでしょうか。

尊敬できる先生はいない。
授業は分かりづらいし面白くない。
意味のわからないルールだらけ。

行きたくないと思うのはおかしいことではありません。

私自身も例にもれず、学校にも友達にも、何より先生たちにほとほと嫌気が差して、このままじゃ私がダメになる。心が壊れる。と思って海外に逃亡留学しました。

一日でも早く学校からいなくなりたい。と思いました。だから、不登校の児童の気持ちは痛いほどよくわかります。

で、学校に行かないことは悪いことなのか?に戻りますが、まず勉強に関しては、学校に行かないでも全く問題ないと思います。

だって生きていくのに必要なのは、せいぜい読み書き計算くらいで、それ以上のところが人生に役に立つことなんて、ほとんどありません。

中1で習う二次関数すら、日常生活にも仕事にも使う機会はありません。(えっくすじじょうかける にえっくすわいたす数字 みたいなやつですね。)

学校での勉強は人生どれくれいの意味があるのか?

もちろん、勉強することに意味がないとは思っていません。

自分が面白いと思ったことを勉強するのはとても楽しいし、それこそ人生を推し進めるパワーの源になります。

勉強はとっても大事です。でも、それって学校じゃなくても出来ます。

私は英語が得意で、留学したことで人生が変わりました。

それは留学したいと相談したら、「1年も遊びに行って受験どうするんだ?」と反対した英語の先生のおかげではありません。

NHKラジオの基礎英語→英会話→ビジネス英会話を毎朝聞きまくったり、自分で辞書片手に英語の本を読みまくったおかげです。

好きだったからこそ、自ら勉強したし、上達したし、英語が人生を変えるきっかけになりました。

それ以外は、お恥ずかしながら、日本史も世界史も殆ど覚えていないし、(歴史ものの映画見る前に自己勉する今のほうが、よっぽどスラスラ頭に入る)

物理化学生物、全滅。(子どもの昆虫教室についていって、いま面白いったらなんの。)

古文、漢文。(言わずもがな、高卒後使ったことはない)現代文も全く使ってないな。

唯一の志望校の自己推薦を受けるために、買って読んだ「小論文の書き方」の参考書。

あれは、今もライティングに生かされてるかな?

つまり言いたいことは、学校での勉強は人生にほとんど生かされていないということです。

 

ーーー 先生たちへ ーーー

先生が読んでいたらごめんなさい。
良い先生は本当にまれに出会うことがあります。
私にもひとり、恩師と呼べる先生がいて、今でも連絡をとっています。

志が高く能力の高い人は、ぜひ学校の先生になってほしいと心から願っています。

だって、自分の子どもや、子どもたちが作る未来の日本を大きく左右するのが、まぎれもなく教育だと思うからです。

ーーー ここまで ーーー

 

学校へ行かないと社会に適応できなくなる?

話を戻します。では、友達が出来ないのはどうでしょうか?

学校に行ってないと社会に適応できなくなるかも?

人間関係は、学校や職場だけで出来るものじゃありません。

習い事や共通の趣味仲間、自分で選んで参加できるコミュニティーがたくさんあって、積極的にそういうものに参加する方が、気が合う人を見つけられる確率は格段に高いですよね。

 

ーー ある中学生のはなし ーー

全く話が合わない同級生たちと、仲良くするように学校の先生に諭され、しばらく無理して学校に行っていたが、案の定、不登校になりました。

学校関係の人と顔を合わすのが嫌で、引きこもり状態だったところに私と出会いました。

最初は自分が不登校であることに、強烈なコンプレックスを抱えて苦しんでいたその子も、不登校は別に悪いことじゃない。と思えるようになってから気持ちが楽になり、笑顔が戻りました。

不登校なんて最悪だ。子どもの人生ほとんど詰んだ。くらいに嘆いていたお母さんも徐々に変わり、子供のことを心配しすぎてあれこれ介入するのをやめ、自分のための時間を過ごすようになりました。

すると中学生は、お母さんの過保護がなくなり、生まれてはじめて自分で考えて行動するようになりました。

大好きな韓流アイドルを目指してダンスを習いはじめたところ、そのダンススクールで、本音で話せる本当の友達に出会えました。

ーー ここまで ーー

 

学校が全てではない!自分で環境を選べばいい

私も、今付き合っている友人は、全て大人になってから自分が選んだり、作ったりしたMLC(マルチライファーズクラブ)コミュニティーで出会った人ばかりです。

小中高のときに同級生と余り馴染めず、自分はコミュニケーション能力が低いのかと思っていた時期もありますが、自分で選んだ大学に進学して、なんの苦労も気遣いもなく気の合う仲間が出来た時、

自分が変わる必要はなかった。
自分が存在する場所を
自分で選べばよいだけだったんだ。

と、妙に納得したのを覚えています。

学校に行かないと社会性が身につかないというのも、また、いらぬ心配ということです。

というわけで、私個人の意見としては、学校は、苦しいのを我慢して、耐えてまで行く必要はない。と思っています。

もちろん、学校に行くことで一日のリズムを作りやすい。と良いこともありますが、それもまた、学校以外での工夫で代用できることですしね。

 

未来は子どもが作り、子どもは母親しだいで力強く生きるチカラを手に入れます。

でも、その方法は世間や多くの母親が持ついわゆる「良い母」像とはかぎりません。

むしろ逆のこともよくある。頑張りすぎて逆効果になっちゃってる。とかですね。

こちらの動画をよろしければご参考にされてみてください

 

伊豆はるかからクリスマスプレゼントとして無料相談会を実施します!

ご案内は12月24日にメルマガ内でおこないますので、伊豆はるかに相談したいことがある方はメルマガに登録してお待ちください。

http://multilife.work/mailmagazine_ameblo/

では今日も、最後まで読んでくださりありがとうございました。

Enjoy★マルチライフ
伊豆はるかでした!

​精神科医。三児(3歳、5歳、7歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」女性のためのスクール&コミュニティであるマルチライファーズクラブ(MLC)を主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は0~7期まで即満席。

「マルチライファーズクラブのメンバーが、なぜ自分を何より大切にして家庭も仕事もうまくいくようになったのか?」
その秘密が学べる5ステップの動画レッスンを受け取れる【伊豆はるかの無料公式LINE】はこちらから

関連記事