大切なのは次のドアに手を伸ばし続けること

この記事は4分で読めます

こんにちは!
マルチライファー’s CLUB 0期 、ことばのパティシエ☆YUKOです。

2019年2月16(土)大阪市内にて
伊豆はるか プレミアムセミナー
~自己犠牲に慣れたあなたに贈る~
「マイ・ワールドを構築せよ!強みをビジネスにつなげる方法
が開催されました。

20歳でビジネスの世界に飛び込んだ経験を持つ、はるかさんだからこそ語れる“生”で“リアル”なセミナーの様子をレポートします。

 

ビジネスとはあなたの価値を社会に還元すること

2919年2月プレミアムセミナー

「きょうは、ビジネスを始めるにあたっての全体像をイメージしてもらうために、実践を踏まえてツメツメギュウギュウでやっていきますので、付いてきてください。」

はるかさんのそんなひと言から始まった今回のセミナー。既にビジネスを始めているひと、これから始めたいと思っているひとが参加していました。

中には「ビジネス?考えたことないな~。」というクラブメンバーも参加していたのですが…セミナー終了後の第一声は『私もビジネスやってみたくなった!』でした。

ビジネスのビの字も考えていなかった彼女が、なぜ180度方向転換したのか。それは、ビジネスに対するイメージがガラッと変わったからです。

『ビジネス=お金儲け、だと思っていた。それが、はるかさんの話しを聞いて、間違った考え方だって分かった。』

ビジネスとはあなたの価値を社会に還元すること。

はるかさんのこの言葉が、ビジネスに対する間違ったイメージをうち壊したのです。

 

弱みも強みになる

履歴書に自分の長所を書く

みなさんは、今まで何枚くらい履歴書を書きましたか?自慢じゃないですが、私は何枚も書いてきました。学生時代のアルバイトから始まって、就職活動、転職活動、再就職活動…

その度に一番頭を悩ませて書いていたのが【長所】の欄です。『自分の優れているところって?』『アピールできることって何?』『こんなこと誰でもできるだろうしな…』

こんな感じで、ただただ時間だけが過ぎていく。結局最後は『健康で真面目』という、おもしろ味のまったくない言葉で空欄を埋めていました。

他のだれの世界とも違う、自分だけの【マイワールド】をつくるには、まずは自分の強みを知ることです。それを分かっているひとが少ない。自分の強みを知らないと、正しい方向にパワーとエネルギーを使えません

働き方が定まらず、右往左往した人生を送ってきた私には耳が痛い。

強みは優れているものばかりを指すのではありません。弱みも強みにもなります。足りないものがあるからこそ共感され、弱いからこそ応援され、あきらめないからこそ魅力的なのです。

おっ、私にも他にはない強みがありそう!

 

自分よりまわりの人に聞いてみよう

2019年2月プレミアムセミナー

実践ツメツメギュウギュウセミナーの実践開始です。

自分の強みをあぶりだすために、これまでの人生でやり遂げたことや解決した問題、乗り越えたこと、ほめられたことなどを10個書き出していきます。

部屋中に、参加者のみなさんが走らせる、ペンの音が響きます。迷いなく一気に10個書き上げるひともいれば、何かを思い出すように宙をみつめながら書き進めるひとも。

はるかさんの「すごいことじゃなくてもいいですよ。だめだめなことでもいいですよ。」という言葉に励まされながら、私も書き出しました。

 

その後は、ペアを組んでそれぞれの紙を交換します。相手の書き出した実績を見て、すごいと思う順に1から10まで番号を振っていきます。

そして、なぜその順番なのか、何がすごいと思って1番をつけたのか、相手に説明していきます。

結果は…びっくり!!

 

自分では大したことないかも、と思って最後に絞り出して書いたことの方が順位が高かったんです。ペアを変えて2回行った結果を見て、「私って自分のこと客観的に見れてなかったんだな。」と痛感しました。

今回は時間がなくてふたりの人にしか聞くことができませんでしたが、もっと多くのひとに聞けば、気づいていなかった【自分の強み】をもっともっと発見できそうです。

 

信頼残高を積み上げよ!

20192月プレミアムセミナー

自分の強みは分かった。これでビジネススタート。いくらで売っていこうかな?

ちょっと待った!!

まったく知らないひとから、まったく実績も経験もないひとから、お金を払って何か大切なものを買いますか?

 

「あの人のブログ、いつも新しいこと教えてくれるんだよね。」「あの人がフェイスブックで言ってたこと、本当だった。」「あの人のインスタ見てると、なんだか元気出てくるな。」

 

「あの人が何か売り始めたんだ。どんなものかな。」「どうせ買うなら、あの人から買いたいな。」「あの人が良いっていうものなら、間違いないね。」

 

どんなビジネスを始めるにせよ、きっと同じようなビジネスをしている人が必ずいるはずです。その中から選んでもらうためには、信頼というお金に換えられない財産をライバルよりたくさん持っていることが大切です。

そのために今すぐにでも価値提供を始めて、信頼残高を増やしていくのです。

私も今、このレポートでセミナーの重要な要素が伝わるようにと、こころして書いています。

 

プロフィールを作ろう!

プロフィールを書く

実践ツメツメギュウギュウセミナーの最後はプロフィール作りです。

ブログやフェイスブック、インスタ、ツイッターなど、何かを発信するときにも、ビジネスを始めるときにも必ず必要なプロフィール。

自分がどんな人間かをひとことで表すのは、難しいですよね。でも、プロフィールは家で言ったら玄関です。お客さまが必ず通る玄関なんです。

だからこそ、あなたが伝えたいことをしっかりと入れなければなりません。あなたの強みやあなたの持っている価値、提供できる能力を。

セミナーのワークであぶり出された自分の強みの出番です。他人から見て『これは、すごい!』と思ってもらえる強みをプロフィールに入れて、玄関のドアを開けてもらいましょう。

おふたりの参加者が発表してくれたプロフィールは、通り過ぎようと思っていた玄関のドアを、思わずノックしたくなる力を持っていました。

セミナー時間内には完成できなかった私のプロフィールも、近いうちに完成させます!

あっ、宣言しちゃった。

 

大切なのは…

伊豆はるか

2018年に始まったマルチライファーズクラブは、今新しいステージに向かっています。オンラインを中心とした学びの場から、半年かけて行う対面での実践スクールへと変革しているのです。詳しくお知りになりたいかたは、こちらからどうそ。

0期から入会している私は、約1年はるかさんから学んでいます。私にとってとても濃い1年で、変化にとんだ1年でした。

そんな私がはるかさんを見ていて思うこと。それは『このひとの人生にゴールはない。』

常に新しいことに挑戦し、やりたいことを全部やって人生を楽しみ尽くしている女性。

今回のセミナーの終了間際、はるかさんが言いました。

マイワールドは進み続けた人にだけ訪れる世界で、気づいたら築けているもの。大切なのは次のドアに手をのばし続けることなのです。

ここまでお読みくださったみなさんなら、これから何をするべきか、もうお分かりですね。

 

参加者みなさんのお声

◆自分の強みを他のひとから指摘してもらうことで、自分を客観的にみることができました。自分のやっているビジネスが必ず大きくなれると言ってもらえ、自信と勇気をもらいました。【女性・50代・自営業】
◆初めて参加しました。とても内容が分かりやすく、自分でも何かできるかもと思えました。頭がすっきりです!ありがとうございました。また是非参加したいです【女性・40代・医療職】
◆自分の強みをひとに評価されることが今までなかったので、やってみて本当に面白かったです。自分の特技を社会に還元することがビジネスなら、ぜひやってみたい!【女性・30代・医療職】
◆まだ具体的にビジネスの内容を考えているわけではなかったのですが、非常に勉強になりました。今日の内容のもっと深堀したものを聞いてみたいです。【女性・40代】

 

次回セミナーのご案内

===*===*===
伊豆はるか★プレミアムセミナー
〜自己犠牲に慣れたあなたに贈る〜
日時:3月30日(土)10:00〜
場所:グランフロント大阪
===*===*===

詳しくこちらをご覧下さい↓↓↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/multilifeseminar

​精神科医。三児(1歳、3歳、5歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は、毎回即満席。

超・実践5ステップの無料動画レッスンを受け取れる
【伊豆はるか★無料公式メルマガ】はここちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事