考えるのをやめて行動する環境を作る!

この記事は4分で読めます

行動あるのみ

こんにちは!

やりたいことを全部やって
人生を楽しみ尽くす

精神科医&3児ママの
伊豆はるかです。

 

レンタルなにもしないひと

レンタルなにもしないひと

先日、テレビで衝撃的な人を発見しました。その名も【レンタルなにもしないひと】

その人は、『自分を無料でレンタルし(だから、もちろん無収入レンタルされる内容は問わない代わりに、何もしませんよ。居るだけよ。』という人です。

??????なんじゃそれ〜〜??

お金もらえないけど、呼ばれたらいく。

カラオケでひたすら依頼人の歌を聴く。(盛り上げたりは別にしない)

アイドルのライブに付き合ってあげる。

企業の会議に出席する。(企業側はマンネリを打破するためと言ってた)

勉強している人の横にいる。(ただいるだけ)

?????? やっぱりなんじゃそれ〜〜?

 

何もしないと言いながら…

色々な体験

依頼人のメリットは分かる。

一人で歌うより誰かに聴いてほしいし。
一人でライブいくより二人で行きたいし。
まぁ、会議も雰囲気は確実に変わりますよね。
勉強は…程よいプレッシャーがいいのかな?

では、なにもしないひとのメリットは?

私が思うに、【レンタルなにもしない人】は何もしないと言いながら、全く逆のことをやっています。

何もしないと言いながら、毎日めっちゃ色々な体験をしています。

何も考えずに待っているだけで、ひたすら新しい体験が出来るシステムを構築しています。

 

毎日が新しい発見の連続

新しい発見

制限のない自由な枠の中で依頼が舞い込み、誰かがどこかで必要としている役割を次から次に与えてくれて、それをやっていく。

どこにいくかも、何をするかも依頼人が決めるから、自分の固定概念はそこに存在すらせず、毎日が新しい発見しかないですよね。

こんなニーズがあるんだ!
こんな会社があるんだ!
こんな人がいるんだ!
こんな世界があるんだ!

そして、ありとあらゆる分野の人脈も、自然と広がってしまうでしょう。本人が何もしなくても。

実際、【レンタルなにもしないひと】のツイッターフォロワーは7万人!依頼は殺到しています。

この方、サラリーマンやいくつかの職種を経て、結局なにもしたくないと、今の職業?についているんだけど、これだけの経験を毎日しているからか、

「今ではこれを、どんな形にしろ お金にするのは簡単だと感じている。」と言っていました。(そりゃそうだ、何しろフォロワー7万人)

実は、妻も小さな子供もいるけど、無収入で貯金を切り崩しながら今の生活をしているそうなんです。

そろそろ、マネタイズのタイミングですね。きっと、うまくいくでしょう。

 

考えることをやめて、とにかく行動してみる

とにかく行動

結局、何が言いたいか。

自分の強みが分からない、何の仕事が合っているのか分からない、現状をなんとか変えたいけど何から始めればよいのか分からない、という人は、【レンタルなにもしないひと】を参考にしてみてはいかがでしょうか?

つまり、あれこれ考えるのをやめてとにかく行動するということです。

給料は?どんな仕事?
出来るかな?辛くないかな?
同僚は?環境は?
あれはいや、これはいや。

と一人で考え続けている限り、いつまで経っても本当の自分を知ることも、自分の真の価値に気づくことも出来ません。

とにかく、自分や社会の固定概念を捨てて、なんでも良いからやってみる。飛び込んでみる。

考えすぎることは、行動を制限する悪手となることがとても多いです。

 

環境設定と自己投資

自己投資

それなのに人は、考えることをやめられない。ホメオスタシスという強力な危機管理能力が備わっているからです。

だからこそ、【レンタルなにもしないひと】のように、自分が考える余地を残さない環境設定がとても効果的です。

例えばこんなルール作り

・誘われたらいく
・チャンスは全て飛びつく
・声をかけようか迷ったら必ず声をかける
・気になる人がいたら必ず個別にメッセージを送る

などです。

これだけで、日常が新しい体験であふれはじめます。知らなかったあなたの本質も、浮き彫りになってくるでしょう。

そして、もう一つ大切なことは、最初から答えを求めるのではなく、時間とお金を投資して自分を知る、社会を知るという姿勢も重要です。

もし、レンタルなにもしない人が、最初からお金を求めていたら、そもそもこの行動自体ありえないですよね。フォロワーも7万人にならなかったし今でもジョブホッピングを続けていたでしょう。

まずは、時間とお金を体験に変える。そこも見習うべき所ですね。

 

自分の価値にもっと気づいて!

自分の価値に気付く

私がマルチライファー育成を始めて、常日頃から実感させられていること。

それは、本当にみなさん自分の才能に気づいていないということ。自己評価の精度の低いことといったらもう・・・

『違う違う!!そうじゃない!!もったいなぁ〜〜い!』と叫びたくなっちゃうほどです。

自分の本質や元々持っている才能って、本人にとっては子供の頃から、当たり前のこと過ぎて、自分ではその価値に気づきにくいという特徴があります。

だからMLCでは、自己評価ではなく他己評価というものをとっても大切にしています。

自分にとって当たり前のこと、つまり努力不要に自然とできていることが、他人にとっては非常にレアで貴重で、有り難いことであれば、それを仕事にするのが自分にとってもお客さまにとっても最高ですよね?

なのに、当たり前過ぎて本人だけ気づいていないという皮肉。

 

新しい自分の発見

新しい自分

単純なことだけれど、自分が本質的に得意なことを知るというのは、幸せな仕事・幸せなビジネスをする上で大きなポイントとなります。

さらに、自分が得意なことが何かは自覚しているけど、果たしてそれがひとに共感されることなのか?ひとに必要とされることなのか?

自信が持てない…ビジネスになる可能性なんて考えたこともない…という人が多い!

私が、MLCで出会って、才能爆発させてる人たちの殆どが、最初は自分の価値に気づいていませんでした。

私だけがその輝きに気づいて、最初に背中を押して、別人のように生き生きしだすときのその快感たるや…マルチライファー育成事業は絶対にやめられないです。

【レンタルなにもしないひと】が、自分の固定概念を捨てて飛び込んだ世界で “新しい自分” “気づいていなかった自分”を 発見したように、とにかく考え過ぎずに行動すること。

それが、自分の中にある、自分だけの芽を開かせる水となり、ひかりとなるでしょう。

 

では、今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Enjoy★マルチライフ
HARUKAでした!

​精神科医。三児(1歳、3歳、5歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は、毎回即満席。

超・実践5ステップの無料動画レッスンを受け取れる
【伊豆はるか★無料公式メルマガ】はここちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事