ココロとカラダが疲れたとき絶対にやってはいけないこと

この記事は2分で読めます

こんにちは。

やりたいことを全部やって
人生を楽しみ尽くす

精神科医&3児ママの
伊豆はるかです。

 

頑張れないからって落ち込むなんて不自然

天気に連動した落ち込み

毎日蒸し暑いですね。体調崩している人も多い。メンタル崩している人も多いです。

季節や天気とココロとカラダの状態は本当にびっくりするほど連動しています。

メンタルクリニックの外来患者さんの数も、気温やお天気で変化します。

雨や曇りの日が続くと、自殺が急増する傾向もあります。

憂うつな気分になるのは嫌だけど、逆に言うとそのような自然の摂理にあらがえないからって、落ち込む必要は全くないってことですね。

 

エネルギー不足になっちゃった! そんな時絶対やってはいけないのは

不安定な天気とココロ

わたしたちのココロやカラダの状態は、そもそもお天気のように不安定なもの。

無理やりお天気を変えようと頑張るより、むしろ、その不安定さを許せる自分を、手に入れるほうが重要かもしれません。

私だって例に漏れず、カラダがだるい。何もやる気起きない。モチベーション、ぜ~ろ~って時、結構あります!!

そんな時どうするかって?

ダラダラします!
お風呂やさんに行きます!
映画館に行きます!

気が済むまでサボります。

逆に、自分を叱咤激励して頑張る?

そんなこと、絶対にしません!

そんなことしたら、ただでさえ普段より少なめのエネルギーが、底をついてしまい自然と回復するための、潜在エネルギーまで失ってしまうリスクが…(気づけばうつに~~涙)

 

誰も替わることがことができない、自分にしかできないこと

リラックス

というわけで、合言葉

【そのうち良くなる】

体調を崩したり、気分が落ち込んだ時は、休息が必要だというサインです。

数日でも
数週間でも
数ヶ月でも

流れに身を任せ、自分を甘やかしましょう。

大丈夫だいじょうぶ。あなたがサボったって、実は大した問題ではありません。たいした迷惑にもならないし、誰も気にも留めません。無理するメリットなんて1ミリもありません。

「そんなことないよ~ やっぱり迷惑かけるよ~」

と思うかもしれませんが、これだけは断言できます。

あなたがサボっても、特に大きな変化なく、周りも社会もまわっていきます。

これは、あなたに限らず、たとえそれが、一国の首相とかでもです。

ただ、いちばん大切なあなたの心と身体の健康、そしてあなたの幸せのために、あなたを大事にいたわって優しく甘やかしてあげられるのは、他の誰でもないあなた自身しかいません。

それだけは、他の誰も替わることは出来ません。

あなたが、自分を大事にする事の優先順位を下げてしまったら、自分の幸せを諦めてしまったら、これは一大事! 大変なことです。取り返しがつかない事態になります。

他の誰が頑張っても、埋め合わすことは出来ません。

というわけで【しんどいときは、積極的に自分を甘やかそう♪】ということでした。

 

では今日も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Enjoy★マルチライフ
HARUKAでした!

​精神科医。三児(1歳、3歳、5歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は、毎回即満席。

超・実践5ステップの無料動画レッスンを受け取れる
【伊豆はるか★無料公式メルマガ】はここちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事