がまんをやめて本音でぶつかったからこそ手に入れることができたもの

この記事は4分で読めます

こんにちは!
マルチライファー’s CLUB 0期 、ことばのパティシエ☆YUKOです。

大人も子どもも、なんだかあわただしいけど、なんだか心おどる12月。

マルチライファーズクラブ5期「超・実践スクール」の Day5講座 が行われました。

クリスマス前だけど、「あたらしい自分」という大きなプレゼントをゲットしちゃった1日を、レポートします。

 

自分自身のちからで服を着こなしてこそ自分らしく生きられる

ゲスト講師の先生のお話からスタートした、5期Day5講座。

今回ご登壇いただいたのは、骨格スタイルやパーソナルカラーなどを用いた、大人の女性のための着こなしレッスン『着こなスクール』を主宰する、しらすぎ もとこ先生です。(しらすぎ先生のホームページは文末のリンクからご覧いただけます)

MLCでは、自分が本当になりたいと思っている姿に、内面からも外見からも、整えていくことを重要視しています。

なぜって? それは……ふたつが切っても切り離すことができない、自転車の両輪だからです。

例えば、仕事で失敗して落ち込んでいるときや、子どものことで悩んでいるとき、「今日のスカート、とってもお似合いですね」と言われただけで、ちょっとこころが軽くなる。

逆に、「今日は全身完璧なコーデ! きっと誰かほめてくれるだろうな」と思って出かけたのに、誰にも気づいてもらえずに自信喪失し、仕事も家事もやる気がおきない。

そんな経験、ありませんか?

女性は特に、自分の外見を認めてもらえることに、無上のよろこびを感じ、外見をほめられることで「やる気」エネルギーがチャージされる生きもの

だからこそ『MLC超・実践スクール』では、自分に合う色や服について学び、「ほめられ女子」を目指します。

今回は、しらすぎ先生から、メンバーそれぞれのタイプに合ったファッションについて、じっくり教えていただきました。

今まで自分が「これ、最高に似合ってる」と思って身につけていた服が、実は自分のタイプには全然似合わない服だった……なんて衝撃の事実も発覚しましたが、それはそれでラッキーなこと。

だって、もう間違っても「最高にイケてない私」になっちゃうリスクがなくなったんだから!!

しらすぎ先生の講座終了後に、伊豆はるかが言い放ちました。

「次回、5期Day6で、みんながどんな服装で来てくれるのか、す~ごいたのしみにしています♪」

本当に、我らがMLC代表は、ハードルを無駄に(じゃなかった、思いきり)あげるのお好き。でも不思議なことに、ハードルが高ければ高いほど、やる気がでちゃうのが、MLCのメンバーなんです。

私も参加するんだよな……5期Day6講座……たのしみ~(苦笑)

 

類は友を呼ぶ?! みんなが大切にしているもの、私も大切にしたい

さて、骨格診断によって「あたらしい自分」「カッコいい自分」をゲットした後は、2020年1月に迎えるスクール修了に向けて大切な振り返りの時間です。

と、その前に。

普段は主にオンラインでやりとりしているメンバーが集まった、講義日恒例の成果報告発表タイムです。

今回、みんなの前で、自らの劇的な変化を話してくれたのは、ふみちゃんこと、子育てカウンセラーの七海ふみさんです。(ふみちゃんのブログは文末のリンクからご覧いただけます)

「がまんをやめて思い切って本音を言ったら……夫の態度が変わったんです」

ふみちゃんが、このひとことにたどり着くまで、彼女がどれだけがまんを重ねてきたか知っているメンバーからは、おどろき半分よろこび半分の声があがりました。

5期のグループLINEで発せられる、ふみちゃんの「ご主人ネタ」は、第3者からするとちょっと笑えて、ちょっとおもしろいものが多かった。

だけどそれは、そうやって「ネタ」にすることでつらい現実を自分のこころに重く積み重なるのを防いでいたのではないかと、今は思います。

「私が本音を言えるところを見せないと、きっと子どもも本音を言えない。お母さんが楽しく生きていれば、子どもも楽しく生きることができる、そう思いました」

ドキッ。同じひとりの母として、ふみちゃんのことばに、私の胸はざわつきます。

「MLCに入って、本音を言える力となる何かが育ったみたいです」

何かって、なんだろう……

「たぶんそれは、5期メンバーのみんなが自分を大切にしているからなんだと思います」

そうか、そうだったのか。

ふみちゃんに「本音を言うちから」を与えてくれたのは、仲間の存在だったんだ。5期メンバーのこれまでの姿、現在の状況を見ている私も納得です。

ふみちゃんの成果報告を聞き終えたはるかさんが、言いました。

「自分が今までやってこなかったことをやらないと、相手を変えることはできない。ふみちゃんが初めて本音を言ったから、ご主人も変わることができたんです」

はるかさんは、更に続けます。

「今ふみちゃんの話を聞いて、きっと、私も本音をださなくちゃ、と思ったメンバーもいるはずです。本音を言って相手が離れていくのを恐れるより、とにかくやってみる。大切なのは行動することです

ふみちゃん、勇気ある行動を見せてくれて、ありがとう。コップの縁までがまんをため込んでる私に、あふれる前にコップを空にするチャンスをくれて、ありがとう。

 

振り返りなくして、未来はない?! 前に進みたいときほど後ろを確認せよ

MLCでは、常に成長し続けることを大切にしています。

そのために、自分がこれまでにやったこと、今取り組んでいることを振り返り、次の目標達成への細かいタスクを修正していきます。

でも、これって……ひとりでやるのしんどくないですか? 私のように意思が豆腐のようにやわらかい人間には、至難のわざ!

そんな私でも、岩のように固い意志で振り返りができる環境、それがMLCというコミュニティなんです。

『MLC超・実践スクール』受講期間中は、4週間に1回ペースの対面スクールと、その間に行われるオンラインコンサルの時間で、振り返りをがっつりと

スクール修了後も、プレミアムセミナーや定例会の他、メンバー主体で運営されている部活動のひとつ「to do管理部」でばっちり、振り返りができるんです

だから「スクール修了後、どうしていったらいいんでしょうか~」なんて不安の声は、仮に上がってもすぐに泡と消えます(笑)

5期メンバーのみなさんも、近づいてきたスクール修了後を心配することなく、最後まで走り切れば大丈夫!!

スクールのゴールは、またあらたなスタートでしかないのですから。

とりあえず……修了式の日に何を着るか、鏡の前で考えましょ!

もちろん私も、ひとりファッションショーで、「最高にカッコいいわたし」を見つけておきますよ。と、自分にプレッシャーをかける私は……マルチライファーですから!!

 

◆「着こなスクール」主宰、しらすぎ もとこ先生のホームページはこちらからご覧ください『着こなすちからは育てるもの 着こなスクール』

◆子育てカウンセラー七海ふみさんのブログはこちらからご覧ください『怒らないですむ子育て♡難しいパートナーともしあわせに暮らせる』

 

​精神科医。三児(3歳、5歳、7歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」女性のためのスクール&コミュニティであるマルチライファーズクラブ(MLC)を主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は0~6期まで即満席。

「マルチライファーズクラブのメンバーが、なぜ自分を何より大切にして家庭も仕事もうまくいくようになったのか?」
その秘密が学べる5ステップの動画レッスンを受け取れる【伊豆はるかの無料公式メルマガ】はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. はじめの一歩の踏み出し方