うまくいかない時でもモチベーションを保ち続ける方法

この記事は2分で読めます

最近、「早起きして朝活する」と決め試行錯誤しています。

決めたことが実行できない時

あなたも何かをはじめて続けようとしても、なかなかうまくいかないという経験があると思います。

私は、よくあります。

やらなきゃいけないと思いながら、なかなかやる気が出ない。
やらないまま、時間だけが過ぎていく感じですね。

そんなとき、私は必ずやることがあります。それはノートを使ってブレインダンピングすることです。

ブレインダンピングとは自分の頭の中を整理するために、とにかく思いつくままにノートに感情や出来事を書き出していくことです。

1枚1分程度で深く考えずどんどん書いていって、大体、10枚くらい書いた頃に次に取るべきアクションプランがクリアになって浮き上がってきます。

 

で、ここからが本題。

やると決めたことがなかなか実行できていない時にブレインダンピングをすると、大抵いつも同じ結論にたどり着きます。

それは「なぜそれをやりたいのか」”WHY” が自分の中でクリアになっていなかったということです。

目の前の作業や結果にばかり気を取られて、なんのためにそれをやりたいのか、それをやった先にあるどんな未来をかなえたいからやるのかを明確にしないまま、もしくはいつのまにか忘れてしまったまま取り組んでしまっている場合が多いです。

例えばダイエットをするとき、好きな人がいてその人との初デートで可愛く見られたいという明確なやせたい理由”WHY”があれば、そりゃあもう、めっちゃ頑張ると思います。友達と海でビキニになる、その時に三段腹を見られたくない!とかね。

でも、ただなんとなく
痩せなきゃ…
痩せたいな…
と思っているだけでは誘惑には勝てません。

やりたい気持ちを持ち続ける方法

私が医学部時代に子育てと勉強を両立できたのだって、その先に医師免許をとって医者として働く!という明確な未来を想像していたからです。

もし、明確な未来が見えておらず子育てしながら時間を見つけて勉強でもしよう…くらいのゆるいモチベーションだったとしたら、とてもじゃないけどハードな勉強を続けることは出来ませんでした。

あなたがもし今なにか始めたとしても
「やりたい理由」
「その先の未来」
はっきりさせておかない限り、やる気は出ないし楽しくもないし、ただの義務感とやらないことへの罪悪感だけが残るようになってしまいます。

やりたいことを継続するためには「やりたい気持ち」を持ち続けることが重要です。

そのためには、「なんのためにやるのか」を明確に持っておくこと、定期的に立ち戻って確かめること、それが非常に重要であり、ブレインダンピングはとても有効な手段となります。

私が主宰するマルチライファーズクラブ(MLC)では、ブレインダンピングの習慣を訓練で身につけていきますが

それは、自分の頭の中を整理するためだけでなく、物事がうまくいかない時に、何が原因なのかを見つけるときにも大いに役立つ手法だからです。

というわけで、私は朝早起きする明確な理由をもう見つけましたよ!

あなたはどうですか?

 

では今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

 

Enjoy★マルチライフ
伊豆はるかでした!

 

​精神科医。三児(3歳、5歳、7歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」女性のためのスクール&コミュニティであるマルチライファーズクラブ(MLC)を主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は0~6期まで即満席。

「マルチライファーズクラブのメンバーが、なぜ自分を何より大切にして家庭も仕事もうまくいくようになったのか?」
その秘密が学べる5ステップの動画レッスンを受け取れる【伊豆はるかの無料公式メルマガ】はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事