どうしてもはじめの一歩を踏み出せないときにやるべきこと

この記事は2分で読めます

こんにちは。

やりたいことを全部やって
人生を楽しみ尽くす

精神科医&3児ママの
伊豆はるかです。

 

世の中の真理とは

世の真理

マルチライファー育成という仕事の大きな大きなポイントとなるのが、まず「はじめの一歩」を踏んでもらうことです。

はじめの一歩を踏み出せば、はじめての体験をするので、何かしら価値観に変化が起きます。

やったことないことをやってみて価値観が変わる感覚を味わうことは、その人にとってのプチ成功体験となります。

そして、そのプチ成功体験を1回で止めずに、何度も何度も重ねているうちに、びっくりするような大きな夢が勝手に叶ってしまいます。

と同時に、挑戦することを躊躇しない鉄の心臓の持ち主にもなってしまいます。

というのが、世の真理です!あ、世の真理さきに言っちゃいました。

 

手強い【NO】を乗り越えると

NOを乗り越える

ただし、あなたが「大きく早く」成長したいと思っているとしたら、日々のプチ成功体験の他に大きな成功体験をはさんでいく必要があります。

つまり、大きな価値観の変化です。

この「大きな価値観の変化」は、あなたにとって手強い【NO】を乗り越えた時にだけ起こります。

乗り越えるハードルが高ければ高いほど、大きな成功体験となります。

私は、色んな人のありとあらゆる【NO】の理由と日々対峙しています。そして、それらの【NO】をことごとく【YES】に変えてきました。

そんな毎日を送りながら実感することは、その人の一番の【NO】の理由が今までその人がやりたい事を、まいどまいど全然やれてこなかった、根本的な原因を突き止めるヒントになるということです。

 

夫に反対されて…

夫ブロック

例えば、あなたが子どもを託児所に預けて仕事をしたいと思っている。だけど、夫に反対されるからできない。

ということは、「夫に反対されているから」というのが、今まで、あなたの全ての行動を制限していた根本的な理由だった可能性が高い、ということです。

あなたは、知らず知らずのうちに夫を基準に考える癖がついているので、本当にあなたらしく生きるために、一番乗り越えなければいけないところは夫ブロックだった。

言い換えると、これさえ乗り越えれば、それだけで人生は激変する可能性が高い。

 

自分だけ仕事を休むなんて…

コンサート

例えば、あなたが大好きなアーティストのコンサートに行きたいと思っている。だけど、有給が取りにくいから諦めた。

あなたがコンサートを諦めた本当の原因は?有給が取りにくいと感じるそのこころは?

「人に対して迷惑をかけるかもしれない」「忙しいのに自分だけ休むと、どう思われるかな?」

つまり、あなたの持っている”他人基準の価値観”こそが今までの全ての行動を制限していた。

今後、やりたい事を諦めずに実行できるあなたになるために必要なたった1つの行動は、「有給1日を、誰になんと言われようと自分の好きなように取る」

それだけ。

 

「NO」は最大のチャンス

NOはチャンス

ここで私が言いたいのは、人生の捉え方や行動は発想の転換で、180度変えられるということです。

「NO」は「チャンス」なんです。

あなたの潜在的な心理ブロックを掘り下げ浮き彫りにするチャンスです!

そして、プチ成功体験をすっ飛ばして飛び級ステップアップするチャンスです!

ただなんとなく「NO」を選んで深く考えることなく過ぎ去るのは勿体なさすぎます。

一度立ち止まって、そこに自分の行動制限をしてきたネガティブ要因がないか掘ってみて下さい。大きなチャンスが隠れている可能性大です。

あなたが理想の自分に近づくために必要な「はじめの一歩・飛び級ステップ編」が明確になるかもしれません。

 

では、今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Enjoy★マルチライフ
HARUKAでした!

 

​精神科医。三児(1歳、3歳、5歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は、毎回即満席。

超・実践5ステップの無料動画レッスンを受け取れる
【伊豆はるか★無料公式メルマガ】はここちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 母と息子
  2. 行動あるのみ