BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ココロ
  4. やる気をなくしたり、イヤなことから逃げ出したくなった時におススメの方法

やる気をなくしたり、イヤなことから逃げ出したくなった時におススメの方法

最近、夫がやる気出してて
ちょいちょいから回っております。

 

ありがたいけど迷惑だった朝ごはん

 

この1週間ほど「家族の健康のために僕が朝ごはんを作る」といい出して、朝からフライパン片手にキッチンに立つようになりました。とてもありがたいことだと思いますよね?

でもね。想像してください。

3歳5歳7歳の子どもたちに着替えさせてご飯食べさせて、歯ブラシさせて家を出なきゃならない朝のバタバタ忙しい時間を。

・食べるのに時間がかからない
・なるべくよごれない

子どもたちの朝ごはんタイムをなるべくスムーズにするためには、この2つのポイントが重要なのですが、夫が用意してくれる朝ごはんは、とろっと半熟の目玉焼きや油がテカテカの焼き立てベーコン。

はい、めっちゃ美味しいし、いい匂いだし最高なんだけど、子どもが食べるとなると大変なわけです。口の周りやテーブルの上が油や卵の黄身でベトベトになり、食べるのに時間がかかる下の子は先に食べ終わったお姉ちゃんやお兄ちゃんの遊びが気になって、なかなか食べ終わらないどころか最終、けんかが始まる…

小さいお子さんがいる家庭では、母にとってご飯タイムというのはリラックスというより戦場。気合い入れて食卓を乗り切るのは夜ご飯だけで十分かな…と思うわけです。

だから、私が用意する朝ごはんメニューは決まっていて、パン・ヨーグルト・バナナ。

夫が用意してくれる朝ごはんと比べたらしょぼいかもしれませんが、食卓に並べさえすれば3歳になったばかりの下の子でも、1人で汚さず最後まで食べられます。上の子達なら、なんなら自分で用意して食べられるメニュー。なにしろ母は楽ちんです。

というわけで、夫に対して私は「朝ごはん作ってくれるのは本当にありがたいんだけど、もっと簡単に食べさせられるもの。片付けが楽なものにしてくれると助かる~」といいました。

すると、夫は「家族のために頑張っているのに いらないならもう作るのやめるよ。」とすねました。

得意のゼロヒャク思考です。

夫は昔からこのように極端なところがあって、頑張って受験していい学校に入ったら賢い子がいっぱいいて、頑張っても1番になれないと悟った瞬間、勉強を一切しないと決めた!

部活やめるくらいなら学校やめる! とか、そんな逸話が色々あります。

もちろん、大人になるにつれ、そして私のカウンセリングによって。そのゼロヒャク思考もずいぶんとマイルドになってきていて、朝ごはん事件の後も、まもなく機嫌を直しました。

 

目指せテキトーさん、幸せになる方法

で、何がいいたいかというと

少しでも嫌なこと、納得できないことがあると、やる気を無くしたり投げ出したりしたくなってしまう”ゼロヒャク思考”の人は、ささいなことで落ち込んだり、すぐに逃げ出したりと、メンタルがもろい場合が多いのです。

例えば、

SNS発信を始めたけど、ネガティブコメントが1つ入っただけで もうやめたい!と投げ出したり

結婚したいといいながら、相手の男性に少しでも気になるところを見つけると、無理!と早々に見切りをつけて発展しない。

などです。

もしあなたが、自分はメンタルが弱いほうだ。すぐやめたくなったり、落ち込んだりしちゃうという自覚があるなら、”ゼロヒャク思考”になっていないか、いちど振り返ってみてくださいね。

伊豆はるかは、”ゼロヒャク思考”どころか


食べる・寝る・うんち
以外は娯楽

と思っているので、家事も子育ても適度に(テキトーともいう)医師業もマルチライファーズクラブも適度にやっています。

だから人生、嬉しいことや楽しいことや大変なことも適度に起こります。(いや、楽しいことはめっちゃ起きてる)

ただ、テキトーだから、うまく行かないことがあっても悲観しないし、辛いことはあまり起きません。

私が主宰するマルチライファーズクラブ内でも
「頑張れ!」とか
「上を目指そう!」とか
「結果出さないと意味ない!」とか
口が裂けてもいいません。

毎日が楽しくなればそれでいい。
テキトーでいいのよ。
自分が幸せなら!
と心から思っています!

さて、あなたはどうですか?
もしゼロヒャクさんの自覚があるなら、テキトーさんを目指すのもおすすめです。

目標を立てて完璧を目指すより、「幸せだ」「充実している」と感じられる毎日の積み重ねのほうが、実はよっぽど早く理想の自分に近づくことができますよ。

大切なのは


正しく自分を甘やかす方法

を知ることです。

 

では今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

 

Enjoy★マルチライフ
伊豆はるかでした!

 

​精神科医。三児(3歳、5歳、7歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」女性のためのスクール&コミュニティであるマルチライファーズクラブ(MLC)を主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は0~6期まで即満席。

「マルチライファーズクラブのメンバーが、なぜ自分を何より大切にして家庭も仕事もうまくいくようになったのか?」
その秘密が学べる5ステップの動画レッスンを受け取れる【伊豆はるかの無料公式メルマガ】はこちらから

関連記事