夫が味方になれば人生の質が上がる!パートナーと恋人時代のようにラブラブでいる秘訣を一挙公開

この記事は3分で読めます

こんにちは!マルチライファーズクラブ3期のねこ福えみこです。
今日は2020年4月25日に開催された 伊豆はるかプレミアムセミナー の様子をレポートします。

テーマは、

~やりたいことを全部叶えたいあなたに贈る~
「パートナーと恋人時代のように仲良くなる方法」

毎日のなかで大きなウエイトを占めるパートナーの存在のことだけに、皆さんの関心も高く、質問や体験談が飛び交い大盛り上がりのセミナーでした。
参加者の感想を織り交ぜながら、現場の熱気をお届けしたいと思います。

 

難解なパートナーを人生の醍醐味に変えるヒント

パートナーとは、“私の人生を豊かにしてくれる大切な存在”である筈ながら、我が子のように無償の愛と容認を注げる対象かというと、ちょっと難しい。

なぜなら、全く別の環境で人格を形成してきた血の繋がりもない“他人”だから。どこまでいっても、所詮、他人。分かり合おうと躍起になるのは、人生を無駄に消耗することになるとはるかさんは提唱します。

ではどうすれば良いのか?

偉大なる哲学者ソクラテスは「難解な伴侶は人生の醍醐味だ。」と語ったと言います。ソクラテスに代わりはるかさんが、精神科医で3児の良妻賢母としての経験から、すぐ実践できる具体例満載でパートナーを人生の醍醐味に変えるヒントを語ってくださいました。

どのアドバイスも、決して難しいことではなく、日常のちょっとした行動、心掛けばかり。


はるかさんが実践してきて実際に失敗した例から改善を重ねてきた体験談をもとにしているので、すごくわかりやすかったです。


14年の穴を埋めるべく小さな行動から始めます。


妻主導で円満な家庭を作る秘訣がぎっしりでした。できればもっと早く、新婚のときに聴きたかった内容です。

自分のマインドを変えて試してみたら本当に夫の行動が変わったと、翌日Aさんから早速報告が舞い込みました。即効性抜群ですね!


家事は一切やらなかった夫が、昨日はお願いもしないのに朝ごはん作り出したり、お風呂掃除・洗濯機掃除してくれたりしました。

 

 

そういえばそうかも!妻が全く気づいていなかった夫の実像とは

日常の小さな行動を効果的にやってのけるには、妻の側で発想の転換が必要です。まず、私がパートナーを見る目を変えてみるのです。そのポイントは、

「夫は○○○のハートを持った○—○—」だと思ってみる。

○に当てはまる文字思い当たりますか?このフレーズを聞いて頷く人がなんて多かったことか!想像もしていなかったけれど、指摘されてみると確かに思い当たるエピソードを多くの人が経験しているようでした。

はるかさんがご自身の結婚生活から編み出した独自の視点ながら、男性の本質を言い当てた名言でした。


夫の言動で思い当たるところが多々あり、「なるほど!」と思いました。


喩えに心底納得しました!今後、そのように接します。


いかに男性が別の生物なのか、ということを実感し、皆さんのエピソードからも学べました。

私たちが、パートナーに対して夢のような妄想を描いて期待しすぎていたことに気づけると、心は軽くなり、相手に対する態度も自然と変わっていくことを教えてもらえました。

 

Web開催でも参加者同士の活発な意見交換は大盛り上がり

 

緊急事態宣言のため今回はプレミアムセミナーもオンライン開催となりました。

会場でリアルに会って熱気を感じられるのが月1回のこれまでの楽しみではありましたが、Webならではの魅力もあるものですね。その一つが、小グループに分かれたチャットタイム。


あまり人に言えないような内容でもバンバン発言が少人数でできちゃいました。


初めましての方とも交流できて、楽しかったです。

面と向かって話すよりリラックスして、本音の語り合いができたと喜んでいる人が多かったです。

 

 

良好なパートーナシップは人生の質を上げる鍵になる!

喧嘩したりイライラすることで貴重な人生の時間をついやすのはもったいない。充実した時間で人生を埋め尽くして、やりたいことをやり尽くすマルチライファーズクラブでは、良好なパートナーシップを築くことも重要だと考えます。人生の多くの時間を共有しているのですから当然ですね。

そう考えると、今まで頑なに握りしめていたこだわりやポリシーを手放して、夫婦円満であることを優先する気持ちに自然と変化してきます。マインドの舵取りの仕方を上手に仕向けてもらえるのも、伊豆はるかプレミアムセミナーの凄いところです。


結婚10年、夫は自分のやりたいことやってるのになんで私だけ~‼と犠牲の気持ちがあり夫に対して負の感情も沸き起こってイライラすることも多かった私ですが、はるかさんのマルチライフに出会って、変わることが出来ました。

メンバー限定のWebサイトでも音声講座のテーマとして頻繁に取り上げられてきた「良好なパートナーシップの築き方」。既に実践を始めて、自分が変わって、夫も変わってきた、しかも劇的に、と実感しているメンバーはたくさんいます。

お約束の2時間が過ぎても、まだまだ話し足りないような熱気が画面越しからも伝わってきました。外出自粛の状況下で家族以外の人と交流できる新鮮さと、改めてパートナーを大切にしようと思える気持ちのゆとりが生まれた時間となりました。

 

もっと聴きたいとリクエストも出ていますし、はるかさんもまだまだ伝えたいことがあるそうです。続講座の開催決定は間違いなさそうですね。

プレミアムセミナーにご興味がある方は、まずは下記からメルマガにご登録ください。

 

​精神科医。三児(3歳、5歳、7歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」女性のためのスクール&コミュニティであるマルチライファーズクラブ(MLC)を主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は0~6期まで即満席。

「マルチライファーズクラブのメンバーが、なぜ自分を何より大切にして家庭も仕事もうまくいくようになったのか?」
その秘密が学べる5ステップの動画レッスンを受け取れる【伊豆はるかの無料公式メルマガ】はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事