正しくサボっていますか?

この記事は2分で読めます

こんにちは。

やりたいことを全部やって
人生を楽しみ尽くす

精神科医&3児ママの
伊豆はるかです。

 

自分の欲求に従うと…

本を読む

私は、日頃からよく「はるかさん、忙しすぎません?大丈夫ですか?」と心配されることが多いです。

子育てしながら多様な仕事をこなしているから、そう思われるのは仕方ありませんが、はっきり言って全然大丈夫です。

というのも、私はやることが沢山あっても、とりあえず、自分の感情や欲求を最優先することに決めています。

温泉に行きたかったら行くし、映画を見たかったら見るし、漫画を読みたかったら読みます。

たとえその後、少しくらい時間に追われることが予想できたとしてもです。

例えば、3日後にセミナー本番が迫っていて、内容を詰めないといけないときも、温泉で漫画を読んでいたりします。

手を抜いてるとか、中途半端でも構わないと思っている訳ではもちろんないんです。

むしろ、妥協しないためにわざわざそうしています。

 

ビビッとくる!

私が決して無理して仕事をしない理由は2つあります。

ひとつは、やりたい時にやりたい事をやらないとどうしても仕事のパフォーマンスが落ちるということです。

思考も発想もイマイチなとき、無理やりデスクに座ってもろくな仕事になりません。

最初の数行書いてみてアドレナリンが出てこないときは、秒で片付けて遊びに行きます。(全くやらないのではなく最初の5分やってみることは大事)

「あ、今日は無理。お風呂行こ〜」ってな感じです。

そうして、好きなように時間を過ごすと不思議とビビッとおりて来るんです。新しいアイディア、世の真理、ワクワクが必ずと言っていいほどに…です!

 

観る、聞く、読む、体験する

コンサート

前日に行ったMISIAのコンサートが翌日のセミナーのインスピレーションとなり、内容を丸々変えたこともあります。

読書はもちろんですが、映画や音楽、演劇、ダンスなどの芸術や娯楽はアイディアの宝庫です。学ぶことしかありません。

頑張りすぎる人が忘れがちなこと。それは【与えられる人でいるためには、必ず与えてもらう必要がある】ということ。

あなたも、ストイックに頑張りすぎて、インスピレーションが枯渇していませんか?

感情を動かされるような体験を、常に自分に与えてあげるようにしてくださいね。

 

正しくさぼる

時間管理

そして、私が無理して仕事しないもう一つの理由は、短時間でもしっかり仕事を終えられるという自信があるということです。

のんびり娯楽を楽しんでいるだけでは物事は進みません。

思う存分遊びつつも、やるべきことをやるために、時間の使い方、タスク管理、やることの選択と集中など様々なマルチライフ的マインド&スキルを駆使する必要があります。

ただ楽してサボっても、やりたい事を全部やって人生を楽しみ尽くすことはできませんので、そこは勘違いしないでくださいね。

「正しく」楽してサボって、ナンボってことです♪

あ、韻踏んじゃった!?

 

では、今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

Enjoy★マルチライフ
HARUKAでした!

​精神科医。三児(1歳、3歳、5歳)の母。
マルチライフプロジェクト代表。

大学在学中、20歳で会社設立し塾・飲食店を経営。女性のライフイベントとキャリアの両立を実現するため、28歳で医学部を受験。経営者から医学生へ転身。8歳年下の同級生と結婚し3人のママになる。33才で医師免許取得。現在は精神科医として働きながら、「やりたいこと全部やって人生を楽しみ尽くす」をコンセプトにマルチライフプロジェクトを主宰。現実的かつ具体的手法で女性を自己実現に導く講座は、毎回即満席。

超・実践5ステップの無料動画レッスンを受け取れる
【伊豆はるか★無料公式メルマガ】はここちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 満足できない女性